☆14☆ひさしぶりにアップ!

7月、8月、9月と、まだまだ続いていました。英語のおはなし会。

ほぼ毎週続けていた読み聞かせの内容を簡単にまとめて、ブログにアップする、、、そんな単純な作業なのですが、面倒くさくなってサボっていました。

 

そして今回、10月1日は、こんな本を読んでみました。

  1. Happy Birthday, Moon” by Frank Asch
  2. つきよのかいじゅう」 長 新太・さく
  3. Goodnight Moon” by Margaret Wise Brown; Pictures by Clement Hurd

これまでの短い経験から言って、

「まずは英語の絵本(メインとなる本)を読む」 →

「お次に日本語の本を読む、もしくは手遊びなどをする」 →

「最後に簡単な英語の本を読む。」

というパターンがベストのようだ。本も3冊=20分未満が限界か。それ以上長くなる英語の本を読んでも、誰も最後まで聞いてくれない。

一応毎回テーマを決めて、それに添って本選びをしているのだけど、子どもたちの注意を惹くのにどれだけ効果的なのかわからない。テーマはばらばらだけど楽しい本、のほうがいいのかもしれない。

さらに、子どもたちが最後まで聞いてくれる、いわゆる「ウケる」英語の本とは、”silly”な要素が不可欠だということがわかってきた。単純明快で、おなじ言葉がくりかえし(またはゆるやかに変調しながら)でてくる、そして絵が極彩色で単純明快なもの。語彙は少なく、シンプルなもの。

こういう絵本、自宅の図書の中にも、図書館の書架にさえ、なかなか見つけることができない。英語の紙芝居、あったらいいのになぁ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s