優越感を手放す

剣道を始めて2ヵ月目に突入した。

水・土・日の週3回、計8時間のお稽古をひと月続けてきて、だいぶ疲れが溜まっていたらしい。今週はとにかく眠たかった。仕事の効率はすこぶる悪く、パソコンに向かいながら白昼夢を見たこと数回。老体にムチを打つとこうなるのか…。

でもひと月で得たものも大きかった。人間、優越感に溺れてしまったら終わりだな、と気づかされたのだ。優越感を抱いて他人を卑下することこそが諸悪の根源なんだ!となんかちょっとすごく大きな発見をしてしまったのである。

気づいたのなら、次にすべきは優越感を手放すこと。これはなかなか難しいので、今後一生をかけて取り組んでいくテーマになりそうだ。このままいわれのない優越感とプライドに凝り固まったあわれな老婆になるなんてまっぴらだから、変わらなければと切実に感じている。

そもそもなぜそんな「悟り」に至ったのか。

「子どもよりも大人のほうが賢い」だとか、「 学歴がスゴイ人はスゴイ人だ」だとかいう社会通念は、剣道にまったく当てはまらないことがわかったからだ。

今通っている道場で明らかに一番ヘタなのはわたし。社会人メンバーとして一番経験が浅いし、腕力もなく、運動神経もよくない。

まるでなっていない剣道ド初心者の私に対して、先生方が手取り足取り丁寧に教えていただけるのは本当にありがたいし、謙虚な気持ちになる。

だから、道場では自分が一番下なんだ、という自覚と同時に、一番よく見て、よく考えて、学び取らなければいけないんだと思うようにした。

自分が一番下、と再認識することで、どれだけ心がラクになったか!!

わたしが果たすべき責任は自分を超えていくこと。他人と比べてうまくなることでも、他人の弱点の粗探しをして自分を優位に立たせることでもない。

そうやって「優越感」という色眼鏡で改めて社会を見渡してみると、この優越感が肥大してトラブルになる例が山のようにある。

いじめ…虐待…戦争…差別…奴隷制…植民地化…暴力…詐欺…うらぎり…不倫……、すべては相手を自分よりも下だと蔑んでいるからこそ行える行為なのではないか。

わたしは剣道を学ぶことでまっさらな人間に戻れた。おかしなプライドはぜんぶ捨ててしまえと思いつつ、まだ全部手放せていないけど、今気づけて本当によかったと思っている。

投稿者: 山田ちとら

日英バイリンガルライター。主に自然科学系の記事を執筆するかたわら、幅広いテーマの取材とインタビューにも挑戦している。人生の折り返し地点を過ぎてから剣道の魅力にハマり、子どもと一緒に道場へ通う日々。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中