中年の危機

当初「剣道、やってみたいかも!」と思ってから実際始めるまで、数週間にわたり悩みまくった。

軽い気持ちで始めてすぐやめるぐらいなら始めたくなかったし、そもそも体力と気力がついていけるか、なにかと慌ただしい毎日をさらに忙しくして自爆しないか不安だった。

悩んで悩みまくって、それでも思いきって剣道を始めたのは、40歳を超えて自分の「死」を意識し始めたからだと思う。

Midlife crisis(中年の危機)。この言葉がここ最近脳裏に焼きついて離れない。

新聞を読んでも、ネットでニュースを網羅しても、このところ理不尽な怒りをばらまいたとしか思えない凄惨な事件が絶えない。そしてその多くの場合、加害者が40代前半——すなわち、私とおなじ「中年の危機」に直面している世代なのだから、やりきれない気持ちでいっぱいになる。

そうなってしまう危機を私も内包している。そしてそういった個々のわだかまりを救いきれない不寛容な社会がある。私もいつ不慮の事故に巻き込まれるかもわからない。

だから私なりに悩んで出した答えは、「いつでも死ねるように準備をすること」。

自分の生き方に責任を持ち、いつ死んでもいいように心の準備をしておく。逆に言えば、今ある命をありがたく思い、悔いのないように正直に生きていくことへの決意だ。

なぜ「いつでも死ねる覚悟を決める」から「剣道を始める」に飛躍したのか。子どもの付き添いで令和元年度の全日本少年少女武道(剣道)錬成大会に参加した時に受けた衝撃が、たぶん原点だった。

IMGP8719

日本武道館を埋め尽くす少年少女剣士の姿に圧倒された。これだけ多くの子どもたちが日々一生懸命練習に励んで鎬を削っている。いままで考えてもみなかったことだった。

きゅうくつな日本社会で、ふだんは子どもらしい大声も出せずに、子どもらしい悪ふざけも容認されずに縮こまっている子どもたちが、この日だけは武道館の空気をビリビリと振動させるほどの気合いに満ちた大声を放っている。すごく感動した。

感動もしたし、違和感も覚えた。

剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である

『剣道の理念』©財団法人全日本剣道連盟

剣道とは、言ってみれば元は人殺しの技。それを子どもたちが学んでいることにも違和感を覚えたし、それがなぜ「人間形成の道」なのだろう?

その時はわからなかったけれど、その逆だったのだ。人を殺すということは、自分も死ぬということ。すなわち、自分がいつ死んでもいいように、恥のない生き方をする、ということなのだと思う。

これはすべてあくまで個人的な解釈なのだけど、とにかく私は剣道のそういうところに惚れたのだ。

剣道を正しく真剣に学び

心身を錬磨して旺盛なる気力を養い

剣道の特性を通じて礼節をとうとび

信義を重んじ誠を尽して

常に事故の修養に努め

以って国家社会を愛して

広く人類の平和繁栄に

寄与せんとするものである

『剣道修練の心構え』©財団法人全日本剣道連盟

この心構えを剣道だけでなく、自分の生き方に反映できたら素晴らしいのにと思う。

広告

すり足っ……!!

昨日もお稽古だった。

とことん足さばきを鍛える練習メニューを息きれぎれにこなすうちに、ふと思った。そもそもなんですり足なんだろう?

すり足について習ったこと

すり足で地面を「噛む」。

左足のかかとはすこし浮かせる。右足も重心はつま先のほうにかけ、かかとを心もち浮かせる。

左右の足を開きすぎないよう注意。左右の足が交差しないよう注意。

前に進むときには左足を櫂のように使って右足を漕ぎ出し/押し出し、すばやく左足をひきつける。後に進むときには左足をまず後退させ、すばやく右足もひきつける。

右に進むときには右足が先、左に進むときには左足が先に進む。

すり足について考えたこと

剣道はもともと剣をあやつる武士の習わしから来ている。ということは、互いに剣と剣で挑む=生きるか死ぬかの瀬戸際だった一騎打ちでは、いかに相手にスキを見せないかが大事だったはずだ。

スキを見せないということは、①いかに俊敏に、できるだけ相手よりも速く静止ポジションから移動ポジションに動けるか、②いかに体の重心を低く保ったままで動けるか、このふたつが重要だったはずだ。

体の重心を低くしたいならひざを曲げればいいじゃないか、と最初は思ったが、それだと出だしが一瞬遅くなるのではないか。構えから攻めに入る時にいちいちひざを伸ばし、よっこらと腰を上げているスキに相手に切りかかってこられてはたまらない。

だから両足は曲げずにすっくと伸ばしておくのではないか。さらに、ピーンと木偶の坊のようにまっすぐ伸ばしているのではなく、左足のひかがみをちょっとだけくぼませておくことで、ふくらはぎあたりに力を溜める。いざ斬りかかる時に、ふくらはぎに溜めておいた力を一気につま先から放出させて地面をいきおいよく蹴り出し、右足を前にはじき出して力強いスタートを切る……のではないだろうか?

…といろいろ妄想してみる。

妄想してみたところで、なんら自分の足さばきに改善が見られないのだが。

まだまだ武士の洗練された所作からは程遠いおばちゃんなのだった。

のらしごと

土曜日は朝からお稽古。

メインは小学生~中学生会員のお稽古なのだが、うれしいことにこのところ社会人会員の仲間が一気に3名増え、休みの日は子どもたちと一緒に汗を流している。とにかく先生方のご指導がすばらしくて、毎回筋肉痛をこさえながらも楽しく稽古ができている。非常にありがたいこと。

本日、9月14日は大先生も駆けつけてくださり、心なしか気合の入ったお稽古だった。

そしてな~~んと、社会人メンバーは大先生から直々ご指導していただくことにっ!!

市民剣道大会などのイベントでは最上級の来賓席に腰かけていらっしゃる大先生だからこそ、直接手ほどきを受けるとなると竹刀をにぎる手にも汗がにじんだ。

竹刀の正しいにぎり方から丁寧に教わった。大人は初心が肝心なのだとか…間違ったことを体が覚えてしまうと、なかなか直せないのだそうだ。子どもは覚えがはやいから、すぐ軌道修正できるんだな。小学生から剣道を学んでる子どもたちがうらやましいかぎり。

それと、左利きの人は剣道には有利なんだとか?ぎっちょの私、ちょっとラッキー?

本日習ったこと

本日の練習メニューは①竹刀のにぎり方と構え、②三挙動、③左右面(初)、④左右面切り返し(初)。

はっきり言ってぜんぜんダメ。自分でもわかるぐらいに残心がぶざまだし、大きく振れてないし、声も出ていない。

本日の反省点

ひざを曲げるクセがなかなか直らなくて、意識しすぎると左足を伸ばしすぎて反り返ってしまう…。ちょっと油断するとすぐひざが曲がってしまい、カックンと体が前方に傾いてしまうので、さながら素人ののらしごと。

剣道事始め

性別: 女
年齢: 41歳
特徴: おばちゃん。運動オンチ。腕と足の長さが極端に短い。動体視力ゼロ。

こんな私が、ついに剣道を始めた。

剣道を始めた経緯(ざっと)

きっかけは小学4年生の娘。半年前にとつぜん「剣道やりたい!」と言い出し、市内の掲示板でたまたま見つけた道場に連絡をして、体験させてもらった。

初めて親子で道場にお邪魔したときのことをいまだに忘れられない。藍色の剣道着をキリっと着こなした小・中学生が背筋を伸ばしてズラリと正座していた。向かい側の先生方に揃って「よろしくお願いしますっ!」と元気よく挨拶し、一同深々とお辞儀。ふわ~、こんな世界があったんだ、と新鮮な驚きを感じた。

娘は一度体験しただけで即入会を決意。楽しくてしょうがないという感じだった。本格的に入会してからは一層楽しそうに週三回の練習をこなし、めきめきと上達していった。そしてそんな娘の姿を眺めているうちに、私もやってみたくてうずうずしてきた。

そこで、夏休みに開催された剣道の朝練習に親子で参加してみた。生まれて初めて竹刀を握って以来、剣道の魅力にどんどん惹きこまれていき、ついには自分でもやってみるべ!!と一大決心したのだ。

本日は初稽古。真新しい三六の竹刀を握りしめ、いざ道場となっている公立小学校の体育館へ。保護者としては通い慣れた場所なのだが、いざ立場が変わって門下生の身分になってみると意外と緊張した。

本日習ったこと

ありがたくも先生がマンツーマンで指導してくださり、ひたすらすり足歩行三挙動を習った。すり足は見た目よりもずっと難しく、どうしても右足が前へ飛び出してしまう…。体が前のめりになると、足が上げにくくなる。バランスが取れず、素振りも狙いが定まらない。

とりあえずはすり足が基本中の基本!ということを体で体感できたし、「一眼二足三丹四力」の意味についても教わった。とにかく自主練あるのみ。

しかし素振りっていうのは気持ちが鎮まるものだなあ。なんか意識が集中していく感じ。

本日の反省点

すり足の際ひざを曲げない。左足で押し出すように前へすっと進み、引きつけはなるべく素早く。

素振りの際は左腕の脇をしめる。右腕はのばし、肩と同じ高さに。竹刀のきっさき(先革)は相手の眉間を狙う高さに。

本日の気づき

大人になってからいかに体の使い方が画一的になってしまったかを痛感した。きまり決まった生活のなかで一定の動作だけを繰り返すうちに、体のごく一部しか使っていなかった。使っていない筋肉の存在すらも忘れてしまっていた…。

子どもたちは制限されない動きをするので体がのびやか。大人よりもずっと柔軟だ。

体のみならず脳まで凝り固まっているのかと思うと、あな恐ろしや。

本日の妄想

先生がよく子どもたちに教える際、「頭のてっぺんから糸が出ていて、空からピーンとひっぱられている感じ」とおっしゃっていたが、その感覚がなんとなくわかった。首と背筋を伸ばすと、自然と肩が左右に開く感じがする。

しょせん人は空の糸でひっぱられているマリオネット。それでも重力に抗い、自然の摂理を無抵抗では受け入れない。剣道のそんな姿勢がかっこいいと思った。